macのかっこいい壁紙をマウスだけでphoto scape X で自作した話

創作

今回はmacの壁紙を作ってみました。

個性を出していきたいよねって話

今の時代、どの大学生でもiPhoneなりmacなり持ってますよね。
しかし筆者は基本的にはケースとかは着けたくない派…(apple製品そのままのがかっこよくない?)

てことでデバイスの「壁紙」で他の人に差をつけちゃいましょう

  

大事なのは”画質”

ネットで検索すればいくらでもかっこいい壁紙用の画像が出てきますがサイズが使っているデバイスにあってなかったり画質が悪かったり…さらには最悪他の人とかぶりますからね。ここらへんを解決するには

  • 付属のカメラで撮った写真を用いる
  • コンピュータ上で適正サイズでデザインを作成する

がぱっと思いつきますね。でも写真は撮る技術も、撮るものもないので却下!!
てことで自分で0からデザインを作りましょう。

  

どのような画像にするか?

これは割と前から決めてて、今回は現代アーティストのHouxo Queさんの作品を参考に作ります。

最近だと無印とコラボしてて

こんな感じの作品を生み出してます!かっこいい!!
今回は少し参考にさせて頂いて壁紙を作っていきます!!

  

photo scape Xで作成していくよ

ほんとはillustratorとか使いたいけど大学生が簡単に払える額じゃない…しかも買い切り型とかないからね。

まあmac向けの無料で使えるデザインソフトはいっぱいあるし、他のサイトでめちゃくちゃ紹介されてるので今回はそこらへんはスルーしていきなりphoto scape Xを使っていきます。無料版でも普通に使いやすくてしかも持ち込みフォントも可能で神なのでおすすめ。

mac用のphoto scape Xのダウンロードはこちら
https://apps.apple.com/jp/app/photoscape-x-%E7%94%BB%E5%83%8F%E5%8A%A0%E5%B7%A5-%E5%86%99%E7%9C%9F%E7%B7%A8%E9%9B%86/id929507092?mt=12

  

実際に作成

さっそく作っていきましょう。
まず考えるのが「色」!!
なんとなく明るめの派手な色にしたかったので大好きなエヴァ初号機の色+ピンク色からのグラデーションという感じで行きましょう。

そして次はどのようにして作成するか!
筆者はペンタブもないしタブレットもないのでマウスのみ…
なので今回はマウスで「ゆがみフィルター」機能をつかって描いていきます!


ではまず使う色を大体の構造を考えながらキャンパス上に塗っていきましょう!
mac book air の13インチを使っているのでキャンパスのサイズは1440×900でいきます!


とりあえずこんな感じ!!
これだけでもエヴァみがありますね、やっぱエヴァって配色から凄い….
まあこの時点でのイメージは右下を中心としてだいたい同心円状に色を重ねて行く感じですね。

そんで右下から外側に向かって歪ませていく感じ!
最初は大きく強度も低く歪ませていきます!!


おお、だいぶそれっぽい
右下は途中で爆発っぽくしたくなって赤色を入れてみました。
ここからは小さめの範囲の強度の強い歪みを外側にたくさん入れていきます!!

おおお
ゆがみフィルター…すごい…
すでに素人が自力で描ける域を超えてくれましたね。そして鮮やかな色が映えてる。
右下の爆発的なのの中心は白にしました。本当にやばい爆発は白色のイメージ。
もうすこし歪ませてみます!!

おお…細かい…
ちょっとやりすぎちゃった感ありますね… 一個前のほうが好みかも…
てことで今回は一個前の画像を壁紙にします!!ありがとうございました!!

完成!といいたいところだが…

一度フルスクリーンで壁紙にしてみたんですけど細かく色を重ねた部分が画質が荒く見える…
サイズは合ってるし作ってるときは気にならなかったのになんでだ…
考えられるのは

  • 作成画面がフルスクリーンではないので荒く見えることに気づかない
  • 細く色が変わる部分はどうしてもチカチカして画質が荒く見える

ってところですかね まあこのタイプの特性上チカチカするのは仕方ないかも…
いちおうmacの壁紙設定で、中央に配置にすると


こんな感じで外に大きな黒枠ができて、さっきの画像が小さくなるので画質は改善されました。
けど美術館の展示みたいになるのは嫌だ…
てことで画像を小さくしつつ、外枠をおしゃれなものに変えてみます!!


おしゃれ外枠をつけてみた

考えた方法としては

  • まず外枠に使うデザインの画像を用意する
  • その画像の中を切り抜いて、穴の空いた画像にする
  • キャンパスに作った壁紙の画像、穴の空いた画像の順で貼り付ける
  • そうすると穴からみえる下の画像がかっこいい形になってるって話

まあ実際にやってみましょう

まず外枠の画像をみつけましょう。今回はアメリカのシルエットにしました。

この画像の中の色のついた部分を切り抜いていきます。
切り抜きにはmacに標準でついてる「プレビュー」を使用します。


右上の検索の一個隣のボタンを押してツールバーを開きます。
ツールバーの一番左の点線四角で手動切り抜きができるのですが、今回はその一個隣の自動切り抜きを使います。
自動切り抜きは一点指定してそこと連続する同じ色の部分を選択してくれる神ツールです。

緑色の部分をクリックしてドラッグすると…


きれいに全部選択してくれました!!そこを切り抜くだけ!!

後はキャンパスに最初に作った画像を貼って、その上から穴あきアメリカ大陸を重ねると…





おお! ええやん!



完成!!

最終的にできたものは

これ!右下の白い部分とかは写ってないけどかっこいいからゆるす。

まあこんな感じでゆがみフィルターを使って簡単にかっこいい画像を作ったり、プレビューの編集機能で簡単に画像の型抜きが行えるって話です。
みなさんもぜひやってみてください!

また上の画像とかもバンバン使って良いです。よかったらどうぞ。

てことで今回の記事は終わります、また次の記事出会いましょう!



はじめてちゃんと記事書いたけどつかれた…

コメント

タイトルとURLをコピーしました